脱毛症治療薬で薄毛にストップ!

現在では男性型脱毛症治療薬がアメリカで開発されており、世界中の60か国以上で承認されて使われています。

日本では2005年より男性型脱毛症治療薬である、プロペシアが認可されており、今では人気のAGA治療薬として医療機関で取り扱いが行われています。

プロペシアに含まれている主成分であるフィナステリドは、男性ホルモンの働きを抑制させる効果があります。

男性型脱毛症であるAGAの大きな原因として、男性ホルモンがあり、還元酵素である5αリダクターゼと男性ホルモンが結合することで、抜け毛の作用を及ぼすDHTが生成されます。

DHTはホルモンバランスを乱して、抜け毛や薄毛を進行させる原因となります。

プロペシアには、DHTを作るきっかけになる還元酵素の5αリダクターゼの働きを抑制させる効果がありますので、プロペシアを服用することによって男性型脱毛症の治療につなげることができます。

プロペシアなどの男性型脱毛症治療薬に関しては、男性ホルモンが原因となっている脱毛症にのみ効果を発揮する治療薬と言えます。

頭髪全体が少しずつ薄くなる脱毛症や、皮脂の分泌が多いことが原因の脂漏性脱毛症には効果がありません。

プロペシアの処方は、AGA治療を行っている皮膚科などを受診することによって、医師の処方の元で購入することができます。

男性型脱毛症治療薬として、効果があると言われているものにはミノキシジルもあります。

ミノキシジルには血行を促進させる効果がありますので、塗布した部位の血流を活発にすることができます。

血流が活発化することで、髪の毛に栄養素が送られやすくなりますので薄毛や抜け毛の症状を改善させる効果があると言われています。

男性型脱毛症治療薬であるフィナステリドやミノキシジルを使用した効果として、産毛が太く長く生えてくる効果が得られています。

AGA治療薬として処方されているプロペシアや、ミノキシジルが配合されている育毛剤は発毛効果があるとされています。

これらの男性型脱毛症治療薬は、継続的に服用をすることによって効果が得られるものとなりますので、6か月以上の使用が必要です。

■大人気!AGAの治療薬
髪を育てたいならロゲイン
プロペシアって知ってますか?