女性にも多い脱毛症の治療は生活習慣から

脱毛症は女性にも多く悩みの種となっています。
主な要因としては生活習慣が原因となっている事と女性ホルモンが減少している事が原因になります。
女性ホルモンが減少してしまう理由としては、妊娠や出産経験、閉経や加齢に伴う更年期障害などが挙げられます。
過度のダイエットでも栄養素が足りなくなっている場合にも自律神経の乱れからホルモンのバランスが乱れてしまう事が有ります。
脱毛症の治療を行う場合、生活習慣に起因している原因を取り除くことで治療効果を高め予防にも繋がります。
生活習慣で気を付ける事は、血液の流れを確保することが重要です。
血液の流れが悪くなる原因として、たばこを喫煙する習慣がある場合、たばこの成分に含まれている毒性物質の作用で、血管が収縮してしまい、毛根に栄養を届けている頭皮の毛細血管に血液が流れなくなります。
毛根は栄養が届かなくなると育毛を妨げられ、健全な髪の毛が徐々に衰弱をします。
衰弱した髪の毛は抜け落ちやすく、栄養が届いていないことによって発毛もできないため脱毛症が進行します。
治療効果を高めるためにはタバコを控えるのが効果的です。
食生活でも同じことが言え、乱れた食生活はホルモンバランスを崩してしまうだけでなく、血中の中性脂肪の数値が高くなり血液がネバネバした状態になります。
ネバネバした血液も血流を悪くしてしまい毛細血管を通れなくなるので、野菜や果物、海藻類をメインとしたバランスの良い食事が大切です。
脱毛症を治療するために重要なのは成長を促進するホルモンです。
成長を促進するホルモンは育毛や発毛を促進するために必要ですが、効率的に分泌される時間帯は決まっていて、夜11時から2時の間です。
この時間帯にホルモンの分泌を促すためには睡眠状態の必要があります。